liner notes:万引チョコレイト 【MANBIKI CHOCOLATE - Official WebSite】

liner notes:カテゴリー

【Part-1】万引チョコレイト:メンバーの条件

【第1期メンバー探し編】 1990年、オレはバンド結成の為にメンバー探しを開始した。 それまで友人達と組んでいたバンドでは、メンバーそれぞれの目指す方向性の違いからしばしば論争が起きていた。そういった問題をあらかじめ排除する為、基本的な価値観や目指す方向性が同じヤツを探すことにした いくつもの条件を

【Part-2】アカガミとシド・ビシャスの違い

【第1期メンバー探し編】  【Part-1】メンバーの条件 の続き。 そういう意味では、最初に手を挙げてくれたアカガミは申し分のない人材だった。アカガミは当時まだ中学生だったが、なぜか昼間から宇都宮のユニオン通りにある 『トンプー』 というパンク的なアイテムを扱う店に入り浸っていた。 楽器経験はゼロ

【Part-3】万引チョコレイトの初代ドラマー:チカはドラムをなめていた

【第1期メンバー探し編】  【Part-2】アカガミとシド・ビシャスの違い の続き。 次にメンバーになったのはドラムのチカ。栃木県下一の進学校に通う秀才だったが、やはりトンプーに出入りしていた。 この時、チカは高二だったが、オレに連絡してきてくれた時には、ハードコアを聴いたことは殆どなかったようだ。

【Part-4】それゆけマサカズ!

【第1期メンバー探し編】  【Part-3】チカはドラムをなめていた の続き。 次に、ギタリストが決まるまでは少々難儀した。 オレの持論ではバンドをケーキに例えると、ギターサウンドはクリームに相当する部分だ。白いクリームか、チョコクリームかでケーキの印象は大きく違う。 というか、クリームの種類によっ

万引チョコレイトというバンド名は・・・

【第1期メンバー探し編】  【Part-4】それゆけマサカズ! の続き。 オレはと言えば、以前に友人達とバンドをやっていたとは言え、活動期間は数ヶ月。 担当はギターだが、実は小学校時代から自分以上にボーカリストとして適任な者は居ないだろうという思い込みがあった。 ひとまずここは 『言い出しっぺの特権


Page: 1 < 2 < 3 < 4 < 5 < 6  次の5件>>
フィード