【Part-25】アーユーウィンダム??:2013年5月29日

【Part-25】アーユーウィンダムについて
【Part-24】ソロバン!の歌詞について の続き。


オレが中学の頃に流行った洋楽で、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドというバンドの『リラックス』という曲が好きだった。

はいはい、またもや超時空硬核ライナー本編には記載されていない、オレのお節介のコーナーだよ~!
最近の若いヤツぁ、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのリラックス知らね~だろ~ぅ?
ということで、参考までにまたしてもオレがお節介リンクを掲載しておく。
暇なヤツは向学のために見ておくように!
(しっかし、ビジュアルきっついな~コイツら)


これに似たような雰囲気の曲を万引チョコレイトでもやりたいと思って作ったのがこの曲だが、幸か不幸か、その面影は全くない。

さておき、この曲は自分としても全体的に気に入ってる作品だが、ギターソロの部分は特に気に入っている。

華麗なる暗黒・・・という感じがして、いかにもムラマサらしい。
バッハっぽさに情熱を加えて料理してくれた。

歌詞については 「キミは誰かの子飼いになってはいないかい?」 というメッセージが込められている。

一見、仲良しグループに見えても、実は対等じゃない関係・・・って、あるよな~と思う。

ちなみに、ウィンダムというのは、ウルトラセブンに出てきた怪獣で、変身前のモロボシ・ダンが持ち歩いているカプセルの中に入っている。

諸般の事情でモロボシ・ダンが変身できない時に、しばらく時間稼ぎをするという役回りで登場。

ミクラスも同じくカプセル怪獣。

他に、アギラというのも居る。

なぜ、ウィンダムとミクラスだけ歌詞の中に登場して、アギラは出てこないのか?という疑問を持つ人もいるかもしれないが、これは大人の事情というヤツだ。

(アギラよ、スマン!)



Topics

フィード