【vol.2】 アカガミとシド・ビシャスの違い:2013年5月28日

【第1期メンバー探し編】  【vol.1】 メンバーの条件 の続き。


そういう意味では、最初に手を挙げてくれたアカガミは申し分のない人材だった。アカガミは当時まだ中学生だったが、なぜか昼間から宇都宮のユニオン通りにあるトンプーというパンクショップに入り浸っているヤツだった。

楽器の経験はゼロということだったが、そんなことは問題じゃない。アチコチでケンカしていたらしく、よく生傷を作っていたような気がする。そういうヤツならベーシストに決定だ。

すぐさま一緒に特訓を開始。トンプーの裏手にある小学校の庭先でカシャカシャと生音で練習した記憶がある。

オレもベースはまともに弾けないが、弦を押さえる場所くらいはわかるので、『ココとココを押さえて、あとはガンガンやってくれ』と指示をして、あとは腕組みをして上達するのを待つのみ。

結局、アカガミは中学校はまともに行かなかったが、意外と努力家の面があり、ベースはどんどん上手くなっていった。この辺はシド・ビシャスと違うところで、オレはそんなアカガミが好きだった。



Topics

フィード