【vol.18】 マルヤマ墓地に込めた意味:2013年5月29日

【第2期 万引チョコレイト : マルヤマ墓地(V.A : FUCK OFF収録版)】
【vol.17】 第2期 万引チョコレイトの紆余曲折 の続き。


万引伝説に収録されていた丸山墓地をリメイクし、新メンバーで録音したテイク。

大阪のTHE BALLADが企画したオムニバスアルバム『FUCK OFF』に収録された。

例によって、歌詞には全く深い意味はないが、せっかくの機会なので一応、解説しておくと、オリジナルバージョンの時にあった『サブちゃ~ん』という部分はカットした。

かわりに、『松田さん。田村さん、猪瀬さん』と叫ぶことにしたが、もちろん深い意味はない。

深い意味はないんだが、一応、オレの17歳くらいの頃の思い出が背景になっている。もちろん当時はバンドはやっていない。ただの田舎の暴走族だ。

ちなみに、丸山墓地とは、オレの地元、栃木県・壬生町に実在する墓地だ。

丸い丘のようなカタチをしているので、オレが勝手に丸山墓地と呼んでいるだけで、本当の名前は知らない。

田村さん、猪瀬さんというのは、オレの2コ上の先輩で、シンナーを吸う為に丸山墓地に出入りしていた、いわば、墓地の常連である。

シンナーを吸う為に入り浸る場所が『墓地』というのが、なんとも田舎くさくて泣ける。

サブちゃんというのは、丸山墓地に出没すると言われる幽霊だが、たぶん、田村さんと猪瀬さんの作り話であろう。

松田さんは、1コ上の先輩で、シンナーを吸いながら、真顔でオレに『ビームの出し方を教えてやろうか』と言ってきた人。お陰さまでオレもビームの出し方を体得できた。

感謝の気持ちを込めて、この曲の冒頭で、松田さんのセリフを叫ぶことにした。



Topics

フィード